我が家の犬がまさかの仮病を使いはじめました。

今日我が家の犬が急に前足を庇いだし、引きずるように走り抜けはじめました。

こんな犬の様子に家中ビックリし「ウォーキングの途中でどっか怪我をしたのではないか?それとも何かの病?」と、相当不安しました。

あんな現状が数日続いた結果生物医者に連れていったのですが、レントゲンをすこぶる触診しても異常はなし。
医者にも「とくに異常はないですね。」と言われる加工。
但し、そのあとの医者に「賢いワンちゃんの中には仮病を使うのもいるので、こうした可能性もNOではありません。ある程度フィーリングを見て下さい。」

そんなに言われたケース、わたくしは「うちの犬がそんなことをするわけ乏しいじゃない?」ってさっとカチンときましたが、医者が言うのであればフィーリングを見るしかありません。
そうしたら帰宅し、しばらくしてから身寄りが見ていないところでどういうフィーリングかコッソリ見ていると、誠に足を引きずることなく普通に歩いているではありませんか。
これは大層医者の言ったままの仮病だと証拠したわたくしは、つい犬の言い方を呼びました。
わたくしに見られていたとも知らずに、犬は私のパーソンへきましたがその時は足を庇う仕草をします。

その時、我が家の犬も例外ではなく、輩が思っているよりもうまいのだとわかりました。
「心配した苦労と時間は何だったんだろう」という急に力が抜けましたが、そこまでしてかまってほしかったのかというってお腹もたたずに再び可愛らしくなりました。

犬は未だに身寄りのいる先ほどでは足を引きずる公演を続けていますが「ばれているとも知らずにまったくやってるわぁ。」とおかしくなる近頃だ。