心を動かし身体を動かす、頭はあとから付いてくる

ホリエモンこと堀江貴文さんのファンで彼の言葉にはいつも共感と驚きを感じる。

本も多数出版しており新刊が出るのをいつも心待ちにしている。
最近出した本では『多動力』が一番良かった。

「考える前に動く」「動きながら考える」「とにかくやる」

この名言は今も心にある。

無能な人ほど考えるだけで一歩も踏み出せない。
失敗を恐れている。

一方、有能な人は行動しながら考えている。
やりながら考えているのだ。

また、行動できない理由に周りの目もある。
バカにされるのではないか、一人だけ変なことして浮いていないか、と気になる。

「君にはできないよ」「そんなことしている人は誰もいないよ」「みんなと一緒にいるのが一番だよ」
そんな声を聞くだけで止まってしまう君。
それこそ間違えだ。

自分のことを一番わかっているのは自分。
他者は過去の自分から未来を想像しているだけ。

君はどうなりたい。
君のゴールはなんだ。

理想の自分を追うのに過去の自分は関係ない。
ゴールにふさわしい自分になればいい。

『多動力』は心が熱くなる本。
堀江貴文氏の良書中の良書だ。

最近、子供がyoutubeにはまっていて、ニヤニヤしています。

最近、今もなのですが、子供がyoutubeを見ながらひとりでニヤニヤしています。本当は子供にあまり見せたくなかったりもするのですが(目が悪くなるため)、何か私がしたいときに申し訳なく見させています。というか、今回は私が携帯を持っていたら横取りしてyoutubeみたいと言ってきました。最近私の携帯を横取りばかりして困ります。それほどは待っている動画があるみたいで、子供が一緒に映っている動画とか、何かを作る動画とか、ヒカキンさんの動画とか、色々な動画を見ています。私たちがテレビを見るのと同じですかね。子供の目が悪くならないように気を付けたいと思います。私は目がいい方で、中学校高学年くらいまではずっと2.0の視力がありました。なのに、高校になってから、勉強をたくさんするようになったからか、視力ががくんと下がって、眼鏡になってしまいました。けれども最近は眼鏡をかけなくても過ごせるくらいまで回復しているので良かったです。子供も目が悪くならないように気を付けます。医療脱毛 全身 回数