秋になると必ず作りたくなるスイートポテトケーキ

秋になり、父の畑でまた今年も大きなさつまいもがたくさん収穫されました。不揃いな大きさだけど、それがまた愛着も湧いて、父が一生懸命世話をしてくれたということが、より美味しさを感じさせてくれる秋の味覚の一つです。
そんな、お芋がたくさん届けられると、まず子どもたちにリクエストされるのはお芋の天ぷらです。サクサクの衣の中に閉じ込められたあのふわっとしたサツマイモの食感は子どもも大人も大好きです。
そして、もう一つ、我が家ではお芋をたくさんもらうと必ず作るものがあります。
それがスイートポテトケーキです。これは、言い換えればおいものパウンドケーキです。
ふかしたお芋をたくさん入れて、パウンドケーキ型に入れて焼いただけのシンプルおやつなのですが、スイートポテトのような裏ごしをしなくてもいいのでとっても手軽でしかも
美味しいので我が家の人気ケーキの一つです。バターに砂糖に卵にベーキングパウダー、そして少量の小麦粉。後はさつまいもの自然の甘みがが全部美味しくしてくれます。
今年は娘がハロウィンの時期に友達とケーキを交換するとやらで、結局6本のスイートーポテトケーキを焼きました。焼き立てももちろん、翌日もしっとりとして美味しくて、我ながら大満足です。
季節に合ったスイーツを作ることは私の楽しみであり、幸せなひと時です。