猫が爪を研ぐのでマッサージ器の表面がボロボロに。

猫との暮らしのうち、今日は爪とぎのことをお話しします。我が家は猫を3匹飼っており、雄1匹 雌2匹です。家は昭和の建物で古く色々な個所を修理、リフォームして住んでいるのですが、猫たちが室内のいたるところに爪とぎの跡を残しているのです。柱、敷居、ドア、畳、どこのお家も猫を飼っていると、このような爪とぎ痕が多少にかかわらずありますね。で、マッサージ器は10年前に購入して、こないだまでよく動いてくれていました。ところがその機器のチエァーの部分のレザーですが、完全に猫たちの爪とぎ道具になっていたのですね。レザーのコーティング部分がはがれそれが床に散乱します。毎日毎日黒いレザーの剥がされた薄いコーティングを、箒なり掃除機で除去します。一方チェアーの剥かれた部分は下地がむき出してきます。醜い機器になっています。そこは布製です。それならそれで、全体布だけになったほうがコーティングのかけらで散らかることがなくなるのですが、完全に剥くには猫の手を借りても足りない。不完全なのです。剥ききれないのです。ところがある日、とうとうマッサージ器が動かなくなる日が突然訪れまして、即決。ためらうことなく機器の破棄にこぎ着けた次第で・・・。家電ショップで新しい機器を購入。ただし今回は、椅子はなくて機械部分のみ。背もたれ部分と座の部分、脇の部分が一緒にくっついている機能的なマッサージ器を購入。家にあったロッキンチェアーに購入の機器を乗せて使用できるようにしました。なんと使い心地のよいマッサージ器に変身です。これで猫の爪とぎはずいぶんと少なくなるでしょう。ロッキン口エアーでは爪とぎしたくてもゆらゆらと動きますから困難でしょうね。http://www.thelonemedievalist.com/category11/