新聞記事を読んで、小平「銀」女子1000、高木美「銅」。

平昌オリンピック、金メダルの期待を一身に受けて臨んだ、スピードスケート女子1000の小平奈緒であったが、検討むなしく銀メダルに終わった。そして高木美帆は銅メダルであった。期待が大きかっただけに金メダルを逃したという思いがどうしても銀メダルを獲れたという喜びを打ち消してしまう。オリンピックは特別な舞台であり、その雰囲気は独特なものがある。力以上の成果を発揮できる選手と緊張や重圧から実力を発揮できない選手に分かれてしまう。勝負は時の運という言葉通りでオリンピックに選ばれた選手は誰しもが金メダルを獲れるだけの実力があると思う。後は、メダルを獲れた選手に運でありツキがあっただけのような気がする。少々いい加減な言い方になってしまうが、期待通りの成績を残せなかった選手を見ているとそんな慰めの言葉しか浮かんでこない。戦前の新聞記事や連日報道している情報番組を見ていると、好き勝手なことを言っているとつくづく思う。それにしても、小平奈緒の銀メダル、高木美保の銅メダル、冬季五輪の1つの大会で日本女子が複数のメダルを手にしたのは初めてである。そして、素晴らしい走りであり心から祝福をしたいと思う。http://www.sandlerltd.co/zenshinK.html